The Designable Workers

井垣孝之(NPO法人GeniusRoots代表理事/弁護士)の個人ブログです。会社員・起業の両方の良さを持つ新しいワークスタイルを創る試行錯誤を記録します。

人生100年時代=長寿が不幸になる時代の人生戦略(1)

リンダ・グラットンの「LIFE SHIFT」という本が話題になったことで、「人生100年時代」という言葉が急速に広まった感があります。

 ところが、日本における「人生100年時代」がどれだけ過酷なものかという認識はあまり共有されていないようなので、今日はこの点について簡単にまとめてみようと思います。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

 

あなたは、あと何年生きないといけないかを認識していますか?

平均余命と寿命中位数について

みなさんは、「平均寿命」という言葉はご存知かと思います。
平均寿命とは、「0歳時点における平均余命」のことです。
平均余命とは、「ある年齢以降に生存する年数の平均」のことです。

ところで、「寿命中位数」という言葉はご存知でしょうか?
寿命中位数とは、生命表上で、出生者のうちちょうど半数が生存し、半数が死亡すると期待される年数」のことを言います。つまり、自分と同年齢の人の生存確率が50%になる年齢(以下「50%生存年齢」ということがあります)ということです。
「学校の同じ学年の人のちょうど半分がまだ生き残っている年齢」、と理解してください。

平均余命と寿命中位数は、ざっくりと前者が平均、後者が中央値であると理解しておいてよいと思います。*1

「LIFE SHIFT」において、著者はたびたび「~年生まれの50%は、○歳まで生きる」という表現を用いていることから、おそらく平均寿命ではなく寿命中位数を前提に議論しているものと考えられますので、以後寿命中位数(50%生存年齢)を中心に検討しましょう。

 

 毎年、厚労省が平均余命を記載した簡易生命表を発表していますが、実は寿命中位数についても発表しています。平成27年簡易生命表の概況

寿命中位数と平均寿命の年次推移という図表のうち、過去50年の寿命中位数及び平均寿命の推移の図表を少しわかりやすく作り変えてみました(図表1)。

【図表1】過去50年の寿命中位数及び平均寿命の推移

 f:id:fly-higher:20170326203102p:plain


まず、「平均寿命より寿命中位数の方が長い」ということに気づくと思います。ここでひとつ押さえておくべきことは、「平均寿命をベースに人生設計をすると、人生を短く見積もりすぎてしまう」ということです。


次に図表1の見方です。特に「50%生存年数」*2の部分に注目してください。

 たとえば、2017年現在で22歳の男性は、50%の確率であと57.49年(79.49歳まで)、女性はあと63.73年(85.73歳まで)ほど生きることになりそうです。同様に32歳の男性はあと46.06年(78.06歳まで)、女性は51.38年(83.38歳まで)ですね。

今の20代から30代の方は、2分の1の確率であと半世紀程度は生きるということですから、「まだ人生の残りは長いなあ」と思ったかもしれません。

ところが、簡易生命表に基づく寿命中位数や平均寿命の計算方法にはトラップがあるため、以上の数値を鵜呑みにすると、大幅に見通しを誤ります。


簡易生命表のトラップ

 簡易生命表は、「ある年における我が国の死亡状況が今後変化しない」という仮定を置いています。
したがって、「今後、年間の死亡者数が減少すれば、それだけ寿命中位数も平均寿命も伸びる」という点に注意が必要です。

図表1を見ればわかりますが、過去50年で寿命中位数は男性が11.76年、女性が12.75年も伸びています。医療水準が向上すればそれだけ寿命は伸びますから、これからも伸び続けるでしょう。iPS細胞の研究が進んで、人間の内臓の置き換えみたいなことができるようになると、今まで以上のペースで寿命が伸びるかもしれません。

そこで、過去50年と同じようなペースで推移したとすると、向こう50年の寿命中位数と平均寿命はどうなるかという図表を作ってみました(図表2)

【図表2】 2020年以降の寿命中位数及び平均寿命の推移

f:id:fly-higher:20170326193034p:plain

 
本来の読み方であれば、たとえば「2045年に生まれた男性の寿命中位数は90.91歳、女性は98.74歳」ということになります。

 

今後の寿命の伸びを簡易生命表に織り込んでみる

しかし、これから寿命は伸びていく可能性が高いわけですから、かなり乱暴ではありますが、図表2の2020年以降の数値を「○年になった時点の自分の50%生存年齢はこれくらいになっている」と置き換えて考えてみることにしましょう。

たとえば、現在22歳の男性であれば、2060年(65歳)になった時点においては、94.32歳が50%生存年齢、現在22歳の女性であれば、102.72歳が50%生存年齢になっている、ということです。

 現在22歳の方にとっては、「65歳なんてもうずいぶんお年寄りだなあ」という感覚でしょうが、自分があと43年生きて65歳になってから、さらに30年以上生きなければならない可能性が高いわけです。

2017年現在における65歳は「まだまだ若い」というような感覚になりつつありますが、2060年時点における65歳は、「まだまだ若い」どころか「これからまだ頑張らないといけない年齢」という状態になっているのではないでしょうか。

 

試しに各年齢別の50%生存年齢までの残り年数を出してみました(図表3)。

 

【図表3】年齢別の50%生存年齢までの残り年数

f:id:fly-higher:20170326210657p:plain


ご自分の現在の年齢・性別の列の、黄色いマーカーが引かれているところを見てください。そこが今から約50年後のあなたの50%生存年齢までの残り年数です。

たとえば22歳男性について見ると、「今から約50年後の70歳の時点で、50%生存年齢までまだ25.46年残っている」ということになります。


最初に、現時点の簡易生命表を前提にすると今の20代から30代の方は、2分の1の確率であと半世紀程度は生きてしまうと述べました。
しかし、今後の寿命の伸びを加味すると、2分の1の確率であと半世紀どころか75年も生きる必要があり、70歳になってもまだあと25年も生きないといけない(しかも2分の1の確率でもっと生きないといけない)ということです。

22歳女性はさらに深刻です。104歳の時点でもまだ半分が生存しているわけですから、50代がようやく人生の折り返し地点ということになるでしょう。


なお、以上の仮定は非常に乱暴なものですが、「LIFE SHIFT」では1998年生まれのジェーン(2017年時点で19歳の女性)は「100年以上生きる可能性が高い」(同書60頁)という前提になっているため、さほど荒唐無稽な結果ではないようです(ただし、40代以降はちょっとオーバーかもしれません)。

 

あと何年生きないといけないかを認識したあなたは、これからどうしますか?

「LIFE SHIFT」で書かれているとおり、少なくとも今の20代30代は、今の高齢者が前提としてきた約20年の学生生活、約40年の社会人生活、60~65歳で定年を迎えてあと残り約10年の引退生活という3ステージで人生設計をしていると、確実に破綻します。

なぜなら、今の20代30代は50%以上の確率で95歳以上まで生きることになるため、引退生活が30年以上あることになるからです。長生きしてしまうとその分生活費を稼がないといけないわけですが、20代30代の人たちは年金があてにできる世代ではありません。必然的に、社会人生活を伸ばして引退後の生活費を稼ぐことになります。

これまで述べてきたことを踏まえると、20代30代は少なくとも80代まで、つまり約60年は働き続けなければ、引退生活に入ることは難しくなります「LIFE SHIFT」でもそのような結論になっています)。

それだけでなく、これから新しい技術が現在の仕事そのものを変容させてしまうことがほぼ確定しているわけですから、20代30代は非常に不透明な未来を約60年もの間走り続けなければならないということです。

 

かつて、長寿であることは無条件で良いこととされていました。今もお祝いの対象です。しかし、今の20代30代にとっては手放しで長寿を褒め称える時代ではなく、むしろ長寿は、若い頃から真剣に準備しなければ生きながらえることができないリスクになってしまったといえます。


これまで20代30代を中心に述べてきましたが、NPO法人GeniusRootsに将来の働き方についてご相談いただく方のお話を伺っていると、今の40代50代のギリギリ逃げ切れない世代はかなり危機的状況にあると感じています。なぜなら、この世代はかなり転職することが難しいため、一度何らかの事情で(たとえば介護とかちょっとしたミスをしたとか)会社組織から離れると、もう従来のように稼ぐことができない可能性が高いからです。

ではこれから人生設計をする際に、どんなことを考えるべきなのか?

次回はその点を中心に述べてみたいと思います。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

*1:各定義については以下を参照。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/sankou01.html

 

*2:寿命中位数から2017年時点の年齢を引いたもの。50%の確率で生きていられる残り年数

4つの事業を立ち上げた経験からわかった、複数の事業を持つメリットデメリット

 私は、2014年に一度に4つの事業を立ち上げました。

弁護士業、新しいワークスタイルを実現するためのプラットフォームを創るNPO法人、法学の学習方法を教える株式会社、主に資産管理用の合同会社を全部設立からやり、法律事務所に所属して弁護士業もやっていました。

各法人の実践的な使い分け方についてはまた今度まとめてみたいと思いますが、実際に複数の事業をやるとどうなるかについて書いてみようと思います。

まずは苦労したことから。

 

複数の事業を持つ3つのデメリット

 一度に4つの事業を立ち上げた結果、とりあえずストレスでえらいことになりました。

首と太ももはガッチガチになり、発熱したと思ったら風邪と細菌感染でやられていて、さらにインフルが合併しました。

 

 

もともと身体はあまり強くないので、相当無理をしていたんだろうと思います。

具体的なデメリットは以下のとおり。

 

①リソースが不足しまくって勢いが落ちる

事業を立ち上げた当初は、当然ほとんどすべてを自分でやらないといけないのでリソースは不足します。それだけでなく、創業期のタスクというのは質/量ともにまったく読めないこと、いきなり問題が降りかかってくることというのも相まって、常にリソースは0の状態でした。

パソコンでいうと、メモリが足らなくて常にHDDがカリカリいってるような状態になります

この状態になると、事業のスピード感というかモーメントがかなり落ちます。立ち上げ時の勢いというのは結構大切で、それだけでそれなりに売上が立ったりします。それが損なわれたのは痛かったなあと思います。

②複数の事業を持つだけで精神力が削られる

 これは実際にやってみて初めてわかったことですが、異なる事業を持つと、それだけで精神力が削られます。ほとんどの場合、事業が異なると頭の使い方が変わるため、頭の切り替えだけで精神力が持っていかれるのです。まるで呪いの防具みたいに。

たとえば、弁護士業で複数の事件を抱えていても別に大丈夫なのですが、弁護士業とNPO法人の事業という組み合わせはヤバいです。

他にも、同じ事業でも意思決定系の仕事と作業系の仕事を同時にやるとかなり削られるということがわかりました。

③意思決定できる量の限界に突き当たる

経営者の重要な仕事のひとつは、意思決定することです。*1

しかしどうやら、脳は1日に意思決定できる量に制限を設けているようです。

事業立ち上げ期は決めないといけないことが山ほどあります。しかし、意思決定できる量をオーバーすると、めちゃめちゃ意思決定の精度が下がります。後で「え、俺何考えてたの!?」と思うようなことをやらかします。

そのおかげで、今オフィスには全く使っていないパイプ椅子が20脚あります。*2

 

 スティーブジョブズは毎日同じ服を着ていたそうですが、その気持ちがとてもよくわかるようになりました。「今日は何を着たらいいだろう?」と考えることすらもったいなくなるんです。

 

当時の私を、知り合いの経営者は「皿回しが必死でたくさんの皿を落ちないように回してるみたい」と表現しましたが、実に的を射ていたと思います。 

 

もちろん、悪いことばかりではありませんでした。

 

複数の事業を持つ4つのメリット

①少額でも複数の収入減があると安定する 

1つの事業から月額40万円受け取るのと、4つの事業から月額10万円ずつ受け取るのとでは、後者の方が圧倒的に安定します。

事業が1つだけだと、突然キャッシュが足りなくなって役員報酬を受け取れなくなり、生活が立ち行かなくなることが普通にありますが、事業が4つあれば、1つ2つ事業がうまくいかなくなっても、なんとか生活していくことはできます。

 

今は突然大企業でも破たんするご時世ですから、こういったリスクヘッジをしておくととてもメンタルが安定します。

 

②ただのアイデアをとりあえず事業という形にするまでを一通り学べた

どんなに素晴らしいアイデアでも、それだけではただのゴミです。

イデアは、商品という形にして、その価値を顧客に伝え、対価を受け取って初めて意味を持ちます。

イデアを事業にするには、概ね以下のモデル(私はビジネスサイクルモデルと呼んでいます)の各要素をすべて考えて実行する必要があります。

 

f:id:fly-higher:20170305212950p:plain

 

(NPO法人GeniusRootsのHPより引用)

上図の5つの要素に加え、マーケティングやタスク管理といったスキルを身につけることも必須ですが、ただのアイデアを価値に変換するプロセスを身につけることができました。

 

③段取り力がめっちゃ上がった

創業期の経営者というのは、事業の中で発生するタスクのうち、他の人がやってくれるものを除いた残りを全部処理しないといけません。処理しなかったものがあれば、そのツケは全部自分に回ってきていずれ爆発します。

リソースがなかろうが、とりあえず目の前に見えているやらねばならないことは全部片づけないと前に進めなかったため、日々のオペレーションをものすごくきっちり回せるようになりました。

「後で余計な仕事をしたくない」という一心で、将来どんなタスクが発生するかを予測し、いつそれを処理するのが楽でかつ効率的かをいつも考えていました。

マネジメント能力は相当鍛えられたのではないかと思います。マネジメントというのは、結局のところ限られたリソースをどう有効活用して成果を出すかというスキルなので、リソースがなかったからこそ身につけられた産物ですね。

 

④事業をしていなければ出会えなかった人たちと会えた

事業をやっていると、必ず人とのつながりが生まれます。

お客さんだったり、取引先だったり、同業者だったり。

異なる事業ドメインの事業をやると、出会う人の種類が全然変わってきます。それぞれの事業をやっていなければ確実に出会っていない人たちと会うことができました。

一部の人は、毎月一緒にイベントをやったり、遊びに行ったりする関係になっています。

4つのメリットの中でも、人とのつながりという財産が得られるのが一番大きいかもしれませんね。

 

今の悩み

今はさらに増えて6足くらいの草鞋を履いていますが、相変わらず自分のリソース不足は悩みです。特に、事業のメンテナンスを怠って機会を逃していることがわかるのがつらいです。常に「あーあれやらないと・・・」という思いがつきまとっています。

また、各事業のオペレーションを徹底的に効率化してしまったため、人を増やすことができません。人を増やしてもそもそも仕事がないのと、仕事を増やそうと思っても自分にそのリソースがないというジレンマに陥っています。

この壁を打ち破らないと、いつまでも創業期を抜け出せないというのはわかってるんですけどね。

 

最後に

とりあえず、一度に4つの事業を始めるのはあまりオススメしません。事業をやりたいならまずは1つから始めましょう。

けれども、なんらかの形で一度極限まで自分を追い込んで初めて学べることがあると思います。人に追い込まれるのではなく自分で自分を追い込むのがポイント。人に追い込まれると病みますから。

 

やりたいことを自分で形にして、好きなように働くワークスタイルを、私はDesignable Workingと呼んでいます。なかなか大変ではありますが、楽しいです。

一緒にこういった働きかたをしたいと思える人、そして現実にこういった働きかたができる仲間を増やしたいですね。

*1:さらに言えば、「今、何を決めるべきか」を決めるのも重要な仕事です。

*2:当時は「オフィスでセミナーやりたいから椅子を買おう」と思って買ったものの、そもそもオフィスでセミナーをやることはほとんどなかったし、普通にメンバーが使う用の椅子を集めるだけで足りた。

次世代のワークスタイルのために、私がやろうとしていること。

NPO法人GeniusRoots(以下「GR」)は、今日で3周年を迎えました。

この3年間は、GRも私自身も、たくさんの挑戦と失敗、そして少しの成果を生んだ日々でした。

3周年を期に、これまでの私自身の取り組みと今やっていること、これから挑戦することを記録しようと思い、ブログを新設しました。このブログはこれからこまめに更新する予定ですので、読者になっていただけると嬉しいです。

 

よく、「何をやってる人ですか?」と聞かれます。

最近は「弁護士やったり経営者やったりしてます」と答えていますが、一度きちんと説明しないと私がやりたいことを理解してもらえないかもしれないので、自問自答形式でザクっとまとめてみます。

 何してるん?

1 弁護士(ロー・リンクス法律事務所)

去年独立して作った法律事務所。主に中小企業でよく起こるトラブルを中心に取り扱っているけれど、刑事事件・交通事故・離婚なんかも全部やる、いわゆるマチ弁。 

弁護士業の収入が現時点で全体の5割くらい。

 

2 会社経営(セミナー講師)

もともと実家で経営している大阪箕面の写真館の取締役をしていた(今もしている)けれど、2014年に自分でNPO法人GeniusRootsと株式会社を同時に立ち上げた。

自分ががっつりコミットしているのは、GRとウィズダムバンク株式会社(ロースクール・ポラリス)。法人設立からマネジメント・マーケティング・商品企画・オペレーションの構築などなど会社でやることは全部自分でやった(やっている)。本も1冊出版した。他にもこまごまとした事業用の合同会社がいくつかある。 

経営者としての収入は、現時点で全体の4割くらい。

システムエンジニア

現在、大阪弁護士会の基幹システムの改定作業の委託を受けて作業中。50名近くの事務局からヒアリングして現状の把握と課題のあぶり出しを行い、どんなシステムにするかのRFPを作っているところ。 

システムエンジニアとしての収入は、現時点で全体の1割くらい(ただし期限付き)。

4 プログラミング

こちらは初心者に毛が生えたレベル。 GRでプロボノメンバーを募り、みんなで勉強しながら次世代のワークスタイルに合ったタスク/プロジェクト管理システムを開発中。

geniusroots.com

使用言語はNode.jsが中心で、みんなでワイワイやりながらまったり進めている。

最近プログラミング経験者が増えたので、先行きはなかなか良好。

5 その他

去年はSASUKEに出場したりした(オルゴールで落ちたのでオンエアーはされず)。

 

何でこんなことしてるん?

いろんな企業について見聞きしていると、ピラミッド型の従来の組織が、今の時代に生きる人たちのポテンシャルを発揮できるとは思えなくて、もっと自由に生きる方法はないかとずっと考えていた。

幸いいろんな人のサポートを得て司法試験に受かり、やりたいことを事業化することができたので、「やりたいことをカタチにできて、自由に生きられるプラットフォームを作りたい」と思ってGRを作った。

なんかいくつか事業をやってるのは、単純にやりたいこと/できることがいくつかあって、それぞれを全部やってみたら自然とこうなった。

 

 これから何するん?

どの事業もまだまだ創業期の段階なので、商品開発・顧客開拓と仕組みづくりを強化して、きちんと事業と呼べるものにしたい。

当面GRの代表としてやらねばと考えているのが、既存のメンバーやGRに相談してくれる人たちの事業を0から立ち上げるサポートをすること。

そして、自分の強みをいろんな分野で発揮し、自分の生き方を自分でデザインできる働きかた=Designable Workingが、現実的に成立可能であるというロールモデルを作ること。

 

これからこのブログでは、こんな働きかたをするためには何をすれば/考えればよいか、実際にやってみるとどんなことが起こるのか、どんな人が幸せになれるのか、といったことを綴っていこうと思います。