読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Designable Workers

井垣孝之(NPO法人GeniusRoots代表理事/弁護士)の個人ブログです。会社員・起業の両方の良さを持つ新しいワークスタイルを創る試行錯誤を記録します。

次世代のワークスタイルのために、私がやろうとしていること。

次世代のワークスタイル

NPO法人GeniusRoots(以下「GR」)は、今日で3周年を迎えました。

この3年間は、GRも私自身も、たくさんの挑戦と失敗、そして少しの成果を生んだ日々でした。

3周年を期に、これまでの私自身の取り組みと今やっていること、これから挑戦することを記録しようと思い、ブログを新設しました。このブログはこれからこまめに更新する予定ですので、読者になっていただけると嬉しいです。

 

よく、「何をやってる人ですか?」と聞かれます。

最近は「弁護士やったり経営者やったりしてます」と答えていますが、一度きちんと説明しないと私がやりたいことを理解してもらえないかもしれないので、自問自答形式でザクっとまとめてみます。

 何してるん?

1 弁護士(ロー・リンクス法律事務所)

去年独立して作った法律事務所。主に中小企業でよく起こるトラブルを中心に取り扱っているけれど、刑事事件・交通事故・離婚なんかも全部やる、いわゆるマチ弁。 

弁護士業の収入が現時点で全体の5割くらい。

 

2 会社経営(セミナー講師)

もともと実家で経営している大阪箕面の写真館の取締役をしていた(今もしている)けれど、2014年に自分でNPO法人GeniusRootsと株式会社を同時に立ち上げた。

自分ががっつりコミットしているのは、GRとウィズダムバンク株式会社(ロースクール・ポラリス)。法人設立からマネジメント・マーケティング・商品企画・オペレーションの構築などなど会社でやることは全部自分でやった(やっている)。本も1冊出版した。他にもこまごまとした事業用の合同会社がいくつかある。 

経営者としての収入は、現時点で全体の4割くらい。

システムエンジニア

現在、大阪弁護士会の基幹システムの改定作業の委託を受けて作業中。50名近くの事務局からヒアリングして現状の把握と課題のあぶり出しを行い、どんなシステムにするかのRFPを作っているところ。 

システムエンジニアとしての収入は、現時点で全体の1割くらい(ただし期限付き)。

4 プログラミング

こちらは初心者に毛が生えたレベル。 GRでプロボノメンバーを募り、みんなで勉強しながら次世代のワークスタイルに合ったタスク/プロジェクト管理システムを開発中。

geniusroots.com

使用言語はNode.jsが中心で、みんなでワイワイやりながらまったり進めている。

最近プログラミング経験者が増えたので、先行きはなかなか良好。

5 その他

去年はSASUKEに出場したりした(オルゴールで落ちたのでオンエアーはされず)。

 

何でこんなことしてるん?

いろんな企業について見聞きしていると、ピラミッド型の従来の組織が、今の時代に生きる人たちのポテンシャルを発揮できるとは思えなくて、もっと自由に生きる方法はないかとずっと考えていた。

幸いいろんな人のサポートを得て司法試験に受かり、やりたいことを事業化することができたので、「やりたいことをカタチにできて、自由に生きられるプラットフォームを作りたい」と思ってGRを作った。

なんかいくつか事業をやってるのは、単純にやりたいこと/できることがいくつかあって、それぞれを全部やってみたら自然とこうなった。

 

 これから何するん?

どの事業もまだまだ創業期の段階なので、商品開発・顧客開拓と仕組みづくりを強化して、きちんと事業と呼べるものにしたい。

当面GRの代表としてやらねばと考えているのが、既存のメンバーやGRに相談してくれる人たちの事業を0から立ち上げるサポートをすること。

そして、自分の強みをいろんな分野で発揮し、自分の生き方を自分でデザインできる働きかた=Designable Workingが、現実的に成立可能であるというロールモデルを作ること。

 

これからこのブログでは、こんな働きかたをするためには何をすれば/考えればよいか、実際にやってみるとどんなことが起こるのか、どんな人が幸せになれるのか、といったことを綴っていこうと思います。